鎌スタ休日...のんびり!ゆっくり!

栄えある大役は誰れ

千賀vs多和田、

大瀬良vs菅野

12球団開幕投手を大予想

1月も3週間が過ぎ、プロ野球界は2月1日のキャンプインがいよいよ迫ってきた。プロ野球界の“お正月”。球春到来となるキャンプインまで、あと10日ほど。その時を今か今かと待ちわびているファンも多いことだろう。

巨人・菅野智之(左)と広島・大瀬良大地【写真:Getty Images、荒川祐史】
巨人・菅野智之(左)と広島・大瀬良大地
【写真:Getty Images、荒川祐史】

現状から12球団の

候補者を予想、

パ・リーグは…

 1月も3週間が過ぎ、プロ野球界は2月1日のキャンプインがいよいよ迫ってきた。プロ野球界の“お正月”。球春到来となるキャンプインまで、あと10日ほど。その時を今か今かと待ちわびているファンも多いことだろう。

 

 2月1日にキャンプをスタートさせる各球団はそこから約1か月間、練習に明け暮れ、レベルアップ、そしてコンディションの向上を図っていく。3月に入れば、オープン戦が本格的にスタートし、2019年のシーズンは3月29日に開幕する。パ・リーグは札幌ドーム、ZOZOマリンスタジアム、ヤフオクドーム、セ・リーグは横浜スタジアム、京セラドーム、マツダスタジアムでそれぞれ開幕戦が行われ

る。

 では、その開幕戦で先発マウンドに上がる開幕投手は誰になるのか。ここからのキャンプの調整次第であることは承知の上で、現状の12球団の候補者を予想してみよう。

【パ・リーグ】

◇日本ハム:上沢直之vsオリックス:アルバース
 札幌ドームで行われるこの試合、日本ハムは上沢が最有力だろう。昨季は初の2桁勝利となる11勝をマークし大黒柱へと成長。順当にいけば、上沢に落ち着く可能性が高い。ただ、そこは策士・栗山監督。オリックスから加入した金子弌大をあえてぶつけたり、可能性を仄めかしたドラフト1位ルーキーの吉田輝抜擢の可能性も。オリックスは金子、西の柱2本が流出しており、開幕投手の最有力は助っ人のアルバースか。昨季9勝2敗の安定感を誇っており実績は十分。金子、西に変わる柱と期待される山岡も候補だろう。

◇ロッテ:涌井秀章vs楽天:岸孝之
 ZOZOマリンで行われるこのカード。本拠地で開幕を迎えるロッテは涌井か。候補としては石川やボルシンガーも挙がるが、石川は昨季対楽天で1勝3敗とやや苦手としており、ボルシンガーは故障明け。5年連続でベテランに大役を託す可能性が高そう。一方の楽天は2枚看板のうちの1人、岸が最有力か。昨季はチームトップの11勝をマークしており、成績は申し分なし。則本との争いを平石新監督がどう判断するか。

◇ソフトバンク:千賀滉大vs西武:多和田真三郎
 昨季の日本一とパ・リーグ王者がいきなり激突するヤフオクドーム。本拠地で開幕を迎えるソフトバンクは千賀滉大が最有力候補。昨季は故障で離脱を繰り返しながらもチームトップタイの13勝。工藤監督からの期待も大きく2年連続でその座を託されるか。東浜も開幕投手に意欲を見せており、対抗に挙がる。一方の西武は昨季の最多勝投手の多和田が筆頭候補。巨人から加入の内海を大抜擢しても面白いが、いきなりのソフトバンク戦、しかも敵地での試合となると考えにくい。さらに言えば、右左右のローテを組めると考えると、内海と榎田は2戦目、5戦目に組み込まれることになるのではないか。

☆★☆★☆☆★☆★☆☆★☆★☆☆★☆★☆

日本ハム・輝星、

早くもクイック&

宝刀解禁「6割くらい」も

44球キラリ

ブルペンでセットポジションの吉田輝
(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 

 日本ハムのドラフト1位・吉田輝(金足農)が、鎌ケ谷で行われている新人合同自主トレで2度目のブルペン投球を行い、早くも「輝星流」を披露した。

 セットポジションから捕手を立たせてスライダー、カーブを交えて44球を投じ、半分以上の24球が小さなフォームで投げ込むクイック投法だった。「クイックとセットでうまく投げられれば、ワインドアップは反動がつく分、おのずと良くなる」と持論を展開した。

 18日は2段モーションで23球を投じた。「前回は上体だけ前にいかないように体重移動を意識したので」とその理由も説明した。ルーキーはスライダーを初解禁。大きな曲がりを見せたが、「直球が引っかかって、曲がったみたいなイメージで投げたい」と独特な感性も口にした。

 この日の力配分は「6割くらい」だが、松本祐樹ブルペン捕手は「140キロ台中盤は出ていたと思う。一球一球の質が良い」と驚く。浮き上がる球質に、考える力もある。どちらも吉田輝の才能だ。 (武田 勇美)

☆★☆★☆☆★☆★☆☆★☆★☆☆★☆★☆

日本ハム

・ドラ5柿木、輝星に負けん 

1軍切符「死ぬ気で獲る」

ブルペンで力投する柿木
(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 

 日本ハム・ドラフト5位の柿木(大阪桐蔭)も2度目のブルペン投球を行った。吉田輝からは「先に俺が1軍に行くんだ」と連日のように宣戦布告され、しつこくて無視していると笑う。

 それでも「1軍の枠は限られている。死ぬ気で獲りにいきたい」と静かに闘争心を燃やす。捕手を立たせての40球については、「腕がよく振れた。すぐに捕手を座らせても大丈夫」と手応えを感じている様子だった。

☆★☆★☆☆★☆★☆☆★☆★☆☆★☆★☆

日本ハム・ドラ4万波 

練習の虫も、練習を休む

大事さ学び新境地

「決めた味になるように

寝かせる」

マシン打撃を繰り返す万波
(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 

 日本ハムのドラフト4位・万波中正外野手(18=横浜)が22日、千葉県鎌ケ谷市で新人合同自主トレに参加した。合同自主トレ後には、ほぼ毎日2、3時間の打撃練習をしていた練習の虫でもある万波だが、この日は「軽く休むことも大事。メリハリもつけたい」と、個人で打撃練習を約1時間行ったものの、慎重な姿勢も見せた。

 理由は、先日大渕隆スカウト部長に、もらった言葉から。「(打撃練習を)終えるタイミングは、手がめちゃくちゃ痛くなるまで」という万波に対して、「技術は寝かせることも大事」と説いた。これに、「本当に身につけたいことは、闇雲にやっていてはダメなんだな」と万波。

 自らの頭の中で「漬け物理論」として落とし込み、「漬け物は何日も漬けたりして、おいしくなる。僕は、とにかく味を付けてしまおうとしまっていたんだなと思った。決めた味になるように寝かせるってこともやろうかな」と、ここ3日前から練習量を一時的に落として、むやみな練習を控えている。

 「自分にとって何が良いのか探り探りやっていきたい」。練習を休む大事さも学び、新たな引き出しにした。

☆★☆★☆☆★☆★☆☆★☆★☆☆★☆★☆

旗昨日は、鎌スタ新人合同自主トレ「第四クール」最終日!

今日は休日に!穏やかな陽気に....

選手のみなさん...昨日はは大勢でした。

佑ちゃん・大田・加藤・玉井・鍵谷・石川直・浦野・田中瑛・藤岡・堀・高濱・高山・北浦・鈴木・高梨・太田賢吾他選手のみなさん!

連日、ファンも多く見えています。

今日は、朝方には全豪オープン:大坂選手&夜には....

錦織選手が!!楽しみですね。

晴れ22日鎌スタショット!

斉藤佑樹投手

大田選手

鍵谷投手

玉井&加藤投手

吉田投手

石川直投手

浦野投手

高山投手

北浦&藤岡投手

鈴木投手と!

田中瑛投手

Source: 鎌ケ谷おじさん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です