今日から...第四クールに!

吉田輝星が

開幕投手?日本ハム

栗山監督が大胆プラン

日本ハム栗山英樹監督(57)が19日、ドラフト1位吉田輝星投手(18=金足農)を開幕投手に抜てきする大胆プランをにおわせた。

現段階で今季の開幕投手が白紙であることを明かした上で「今年に関しては選択肢がたくさんある。何でもあり。そんなの無理だよなと思ってしまうことが、一番夢をそいでしまうし、進む道を閉ざしてしまう」と、高卒1年目右腕起用の可能性を否定しなかった。

チームとともに、千葉市内で行われた日本ハムグループの商品展示会に参加した吉田輝は「目標はどれだけ高くてもいい。これまでも、周りからは無理だと言われるようなことも口に出して目標にしてきた。開幕投手ができるくらいの意識でやりたい」。指揮官の言葉を意気に受け止め、発奮していた。

◆新人の開幕投手 2リーグ制後は13人いる。出身の内訳は社会人7人、大学3人、高校3人で、ドラフト制後(66年以降)は84年高野(ヤクルト)と13年則本(楽天)しかやっていない。高卒新人の開幕投手は52年大田垣(広島)54年梶本隆(阪急)56年牧野(東映)の3人で、大田垣は1失点の完投勝利を挙げた。1リーグ時代には17歳で開幕を務めた投手がいるが、2リーグ制後は52年大田垣の18歳5カ月が最年少。今季開幕時に18歳2カ月の吉田が開幕投手を務めれば大田垣を抜いて2リーグ制後最年少となる。(日刊スポーツ)

☆★☆★☆☆★☆★☆☆★☆★☆☆★☆★☆

低く伸びる遠投披露 

日ハム吉田の「下半身」に

周囲も絶賛

バネのようなしなやかさ(C)日刊ゲンダイ
バネのようなしなやかさ(C)
日刊ゲンダイ
拡大する

「下半身の使い方が上手だ」

 日本ハム1位の吉田輝星(金足農)が早くも、チーム内で高評価を得ている。

 新人合同自主トレ第3クール初日(16日)、ランニング、キャッチボールをこなした後、外野ノックで遠投に取り組んだ。18日にはプロ初のブルペン入りで立ち投げを行う予定で、本人が「久しぶりに力を入れて投げた」というボールは、ノッカーをめがけて低い弾道でグングン伸びた。

 バネのようなしなやかさがあり、投げ終えた後も体がブレない。昨夏の甲子園で見せた、下から浮き上がるようにホップするストレートをほうふつさせた。

 この日、新人の練習をチェックした山田スカウト顧問は、高校時代から見続けてきたその長所について、こう言った。

「もともと下半身の使い方が素晴らしい。最近は上体に頼った投げ方をする投手が少なくない中で、昔の投手のように、下半身主導で腕が遅れて出てくる。球持ちの良さにもつながる。内転筋の使い方に柔らかさがあり、うまく使えるので制球が安定する。持って生まれたものでもあり、誰しもなかなかできないことです」

☆★☆★☆☆★☆★☆☆★☆★☆☆★☆★☆

吉田輝星の陰で黙々と…

日ハム4位・万波中生は

“練習の虫”

ドラ4の万波中正(C)日刊ゲンダイ
ドラ4の万波中正(C)日刊ゲンダイ
拡大する

 日本ハムの新人の中で、最も練習している、とチーム内で評判になっている。
 ドラフト4位の万波中正(横浜)だ。高校時代は投手兼外野手。高校通算40本塁打をマークした将来の長距離砲は入寮するや、とにかく打ちまくっている。全体練習後に居残りで黙々と1時間、2時間とマシン打撃をこなすのは当たり前。手のひらにできた特大のマメがそれを物語っている。
 昨17日も全体練習後、JRA競馬学校の生徒との交流会が始まるまでの合間を縫って約30分、打撃練習をしたほどだ。
「突き動かされるようにやってます」
 万波はつい先日、こう言っていた。

「まだまだ今の自分ではダメですし、せっかくいつでも練習できる環境があって、時間もタップリあるのに、もったいない。高校時代も打ってる方だったとは思いますけど、授業があったので、どうしても練習時間は限られましたからね」

年末は2日間、母の実家でゆっくり過ごすと、元日から練習して、プロ入りに備えた。
 部活の引退後、筋力アップに励んだ万波は、入寮時に「大きな目標を持って頑張りたい。一番取りたいタイトルはベストナイン。バランスの良い選手になりたい」と話した。
 今のレギュラーである西川や近藤らも、寮生時代は室内練習場で夜な夜な練習に励んでいた。面白い新人は、1位の吉田輝星だけではない。

年末は2日間、母の実家でゆっくり過ごすと、元日から練習して、プロ入りに備えた。
 部活の引退後、筋力アップに励んだ万波は、入寮時に「大きな目標を持って頑張りたい。一番取りたいタイトルはベストナイン。バランスの良い選手になりたい」と話した。
 今のレギュラーである西川や近藤らも、寮生時代は室内練習場で夜な夜な練習に励んでいた。面白い新人は、1位の吉田輝星だけではない。

☆★☆★☆☆★☆★☆☆★☆★☆☆★☆★☆

槙原氏 輝星よ

“クレバー型”桑田目指せ

ブルペンで投球練習する吉田輝
(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 日本ハムドラフト1位・吉田輝の初ブルペンを、スポニチ本紙評論家の槙原寛己氏(55)が映像でチェックした。2段モーションで軸足に体重を乗せるフォームの利点に加え、それを可能にする下半身の強さを絶賛。槙原氏の巨人時代の同僚だった桑田真澄のようなクレバーな投手になることを期待した。

 注目を浴びる初ブルペン。私自身も高卒ルーキーだった当時は非常に力んだことを覚えているが、吉田輝は気負うことなく、力の抜けたいいフォームで投げていた。あれだけ気持ちを抑えて投げられるのは、自分自身をよく知っていることの表れだろう。
 注目したのは左足だ。一度スッと上げた後、ためをつくってもう一度上げる2段モーション。この一連の動きで軸足である右足にグッと体重が乗り、その「ためた力」を前(打者方向)に向かって解放することが可能になる。高卒ルーキーながら、意識して丁寧に投げていることにクレバーさを感じた。
 そのフォームができるのは、下半身の強さがあってこそ。吉田輝は尻からのラインが太くてがっしりとしており、その下半身で「ため」をつくる。体幹の強さも感じた。投手にとって一番大切な部分。高校時代にしっかりトレーニングしていたことがよく分かった。
 癖がなく、非常にきれいなフォーム。それゆえに、打者から見た際に威圧感を感じない部分もあるかもしれない。そこで吉田輝には、丁寧に低めに投げ、試合をきっちりとつくるクレバーな投手を目指してほしいと思う。例えば桑田のようなタイプ。球速を追求することも大切だが、プロの世界では変化球も磨かなければならない。器用なタイプに見えるし、現在のフォームなら変化球もきっちりと制球できるだろう。
 まだ立ち投げ。ここからどう階段を上っていくのか、非常に楽しみだ。(本紙評論家)

 

☆★☆★☆☆★☆★☆☆★☆★☆☆★☆★☆

日本ハム 柿木 

“状態一番分かりやすい”

狙い通り捕手立たせ30球

ブルペンで投球練習する柿木
(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 日本ハムのドラフト5位の柿木(大阪桐蔭)はブルペンの初球にカーブを選択し「その日の状態が一番、分かりやすい。(上体が)突っ込んでいるのか、残っているのか。高校の1つ年上の徳山さん(現早大)や投手コーチに教えてもらった」と狙いを説明した。

 吉田輝と同じく捕手を立たせ30球。昨年12月27日以来の投球練習で「(吉田輝と)お互いに(1軍に)上がりたいと話している。良い仲でありながら負けないように頑張りたい」と力を込めた。19日に「ニッポンハムグループ展示会」に出席し、大阪桐蔭の先輩・中田と対面予定で「すぐ(あいさつに)行きます」と話した

 

☆★☆★☆☆★☆★☆☆★☆★☆☆★☆★☆

旗昨日は...合同自主トレは休日に!&日ハムイベント

「商品販促会」が!幕張会場で開催、選手が参加を!

 

私は全豪オープンテニス3回戦「大坂なおみ&錦織圭」の

試合を、TV観戦応援を!両選手4回戦に進出!

ハラハラ&ドキドキしながら...ナイスゲームでした。

 

夕方からは...全日本卓球選手権の模様を!!

伊藤・早田久美選手は.女子ダブルスで優勝&若い...

張本選手!男子ダブルスでは、水谷選手を破り...決勝へ!

面白いスポーツが....ふんだんに!

 

今日は、鎌スタへ!

 

晴れ鎌スタショット!

Source: 鎌ケ谷おじさん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です